Interview

「地方で自由に」

東京の暮らしを捨てて、福岡に移住した黒沢さんご夫妻にインタビューしました。

黒沢亮太さん、黒沢未紀さんご夫妻

Profile

亮太さん: 29歳
新卒で金融系エンジニア→スタートアップの立ち上げに従事。営業、マーケティングなどで幅広く活躍。会社が成長し、入社後4年半でDMMグループへ。その後1年ほど在籍しフリーランスに。主にマーケティング、集客を手がける。2021年に株式会社NELDを設立し、現在に至る。


未紀さん: 29歳
新卒で地方銀行→ファッション誌等を手がける出版社で経理、営業、販売と幅広く経験。WEBデザインのスクールに通い、デザイン会社を2社経験後フリーランスに。2019年に株式会社エイトフリップを設立し、現在に至る。

Q. 福岡に移住したきっかけは何ですか?

お互い自由に仕事ができて住む場所はどこでも良かったので、
東京に住むメリットをあまり感じなかったからです。
お互い同い年で群馬出身ということで、いずれ群馬に戻るとすれば
自由に動けるうちにどこかに移住しようという話になり、
コロナ前から計画を立てていました。

福岡・大阪・名古屋・北海道などが候補に挙がった中で
家賃が安い、ご飯がおいしい、ITが盛んという点と、
旅行や仕事で福岡に来た時にとても気に入ったということで
福岡への移住を決断しました。

Q. 福岡に対して移住前抱いていたイメージは何ですか?

正直明太子のイメージしかなかったです(笑)
その次はもつ鍋、とんこつラーメン…。
移住を本格的に考えるまでは食のイメージしかなかったですね(笑)

Q. 実際に住んでみた福岡の印象を聞かせてください

本当にご飯が美味しいです!

適当に入った店がどこも美味しくて、ハズレの店がないですね。
あとは人が優しいですね。
他県から来た人を受け入れてくれる雰囲気があると思います。
オープンで落ち着きのある方が多い印象があります。

移住したばかりで知り合いが全然いなかった頃に、
近所にほぼ毎日通っていたコーヒースタンドがあるんですが、
そこで色んな方を紹介していただいたりして気付いたら知り合いが増えました。
どこに行っても店主が気さくなので、お店に行くたびに知り合いが出来て楽しいです。

あとは家賃が安いので、都内に居た時と同じ家賃でも広い家に住めるのもいいですね。
今は3LDKの家でそれぞれ仕事部屋を設けて、
可愛いチワワ2匹に癒されながら仕事をしています。

福岡は本当に良い所で、ずっと住みたいと思える街です。
いつかは群馬に戻るつもりでしたが、
もはやこっちに両親を連れてきて一緒に住みたいと思うくらいです。

Q. 不便なこと、困ることはありますか?

プロパンガスの物件が多いのでガス代が少し高いですね。
あとは礼金が高いですね。
駐車場ありの物件やペット可の物件が少なかったので引っ越しは少し大変でした。
とはいえどれも大きな困りごとではないので概ね問題ないです。

仕事面で言うと、福岡は金額よりも人と人みたいな部分を重視することが多い印象です。
最初は少し戸惑いましたが、
逆にそのおかげで素敵な方々をご紹介をいただいたりもするので困っては無いですね。

福岡移住を考えている方へ一言

福岡はとにかく最高です!
東京でストレスを溜めて暮らすより、
地方で自由に暮らしている方が自分達に合いますね。

地方に移住することで可処分所得が上がります。
お金はあるに越したことはないですが、ストレスが少ない方が絶対にいいと思います。
仕事や友人など今までの人間関係を捨てられない人は難しいかもしれないですが。

私達はもともと友達が少ないので(笑)、
夫婦で毎日楽しく過ごせればそれでいいという考えでしたし、
移住して良い友達が出来ればいいかなーくらいの気軽な気持ちでしたね。
移住してもやっぱり信頼できる友達とはどこにいても連絡をとっていますし、
福岡は空港との距離も近いから会おうと思えばすぐに東京には2時間くらいでいけちゃうので。

正直移住は仕事さえ見つかればあとはどうにでもなります!
その点はGencheeに相談すれば解決できるので、もうハードルは無いですね!
福岡に住むのは本当にオススメなんですが、
逆に人が増えすぎても困るので正直あまり移住してほしくないです!
皆さん福岡に来ないでください!お願いします!

こちらからDMにてお問い合わせを頂くことも可能です。

メール: contact@equalone.co.jp

Twitter: https://twitter.com/genchee_fukuoka

Instagram: https://www.instagram.com/genchee_fukuoka/